コスプレ好きの風俗嬢

お気に入りの風俗嬢がいた店が閉店した

最近になっていつも利用していたデリヘルが急に閉店した。そこにはお気に入りの風俗嬢がいて、俺は彼女の根元を抑えながらのゆっくり動かすフェラでいつも気持ちよく射精していた。あの、絶妙な力加減のストロークで肉棒を刺激されると半端なく気持ちよくて、何度でも射精できそうな感じがしていた。しかし、このデリヘル自体が無くなってしまったため、俺は代わりのデリヘルを探してみた。すると、近所に同じ風俗嬢ではないけど同じタイプの女性がいた。彼女となら前回までエッチしていたお気に入りの子と同じように楽しめそうに思えた。実際に一緒にホテルに行ってからバスルームに行くと、彼女は早い段階でフェラをしてきた。彼女の裸を見た時点でフル勃起していたモノを咥えられると、すぐに肉棒は反応して大きく膨らんだ。彼女の口の動きに合わせて俺も腰を振り、うまく刺激がかみ合わさって一気に射精感が高まった。バスルームでフェラをしてもらっているだけで射精してしまったけど、残りの時間はベッドでイチャイチャした。